今更聞けないバジリスクー甲賀忍法帖ー絆を楽しく打つための豆知識 モード判別編

  • 2018.03.13
今更聞けないバジリスクー甲賀忍法帖ー絆を楽しく打つための豆知識 モード判別編

カチカチ太郎 絆

こんばんは

勝ち勝ち太郎です

 

本日もバジリスク絆を楽しく打つための豆知識ということで

 

モード判別について記載していきます

 

チャンス目編でも少し、記載しましたが、そもそもモードが何に役に立つのか

いまどのモードにいるのかを判別するための情報を述べていきたいと思います

 

通常時のモードはABCDEの5種類存在します

 

このモードの種類によりバジリスクチャンス当選時のバジリスクタイム突入率が変わってくるのは

みなさんはすでにご存知ですよね・・・

一応表をのせときますね

 

通常 高確 超高確
モードA 1.04% 6.25% 8.33%
モードB 2.08% 12.5% 16.7%
モードC 4.17% 33.3% 40.0%
モードD 100% 100% 100%
モードE 100% 100% 100%

 

それでは、モードの判別の方法を記載していきます

BC(バジリスクチャンス)を朧に選択して月を確認する方法

通常時、BC中の演出にて確認する方法

の二つがあります。

 

朧BCのモード判別では

 

みなさんは朧のBC後にが出てくるのをご存知ですか?8回目のベルの時です

 

バジリスクタイム当選時は弦之助と会うためうつりませんが

バジリスクタイム非当選時に画面の右上に月が表示されます

 

月は、赤満月、半月、満月、三日月の4種類が存在します。

 

この月は、次回の通常モードの示唆をしています。

※バジリスクタイム当選時に潜伏していて復活することもあるため、その場合は除外されます

 

モードA モードB モードC モードD
三日月 64.5% 31.3% 18.8% 12.5%
満月 31.3% 68.7% 18.8% 12.5%
半月 62.4% 25.0%
赤満月 50.0%

 

三日月の場合は、モードA

満月の場合は、 モードB

半月の場合は、 モードC

赤満月の場合は、モードD

の示唆をしています。

 

もちろん、三日月がでても上の表にも記載してあるように確定ではありません。

しかし、半月がでた場合はモードC以上が、赤満月が出た場合はモードDが確定する

そのため、三日月、満月が出た場合は参考程度にこのモードかもしれないという予測程度で考えておくとよいでしょう

 

これを把握したうえで次は、演出によるモード判別について記載していきます

 

モードB以上濃厚演出

・バジリスクタイム、バジリスクチャンス終了後に弾正屋敷スタート(超高確スタート)

 

モードC以上濃厚演出
小役を引かずに弾正屋敷に移行(超高確へ移行)

(↑リプレイ、外れでの超高確への状態移行はモードB以下では0.3%以下である)

レア役出現時に液晶リール再始動(縦回転)

(横回転は小豆や丈助などの小キャラがしますが、これは違います)

柳生宗矩セリフ(演出前に小役非成立時、非前兆時)

弦之助BC100人スタート(超高確とモードC以上)

BC後伊賀ステージスタートにて低確時

弦之助カットインにて連続演出発展時、BC非当選時(小役当選時は除く)

(行くぞの掛け声と同時に抜刀する演出・・・赤背景でいかにも熱そう)

朧カットインにてBC非当選時

(弦之助様の掛け声で妄想している演出・・・青背景でいかにも熱そう)

 

以上が演出からモードを把握する方法です。

これに加えテーブルの理解を深めることでさらにモードの判別が簡易になるのですが、

今回は控えさせていただきます。

 

このモード判別を利用し、現在どのモードに位置するかを把握し、

通常時の状態(通常、高確、超高確)を考えることにより

BC(バジリスクチャンス)時にバジリスクタイム突入期待度を予測できるようになります。

さらには、バジリスクチャンス突入までに引いたチャンス目の回数によりモード移行まで

考えられるようになれば、より楽しくバジリスク甲賀忍法帖絆を打つことができるようになること間違いありません。

 

この記事に記載してあるチャンス目や状態について復習が必要な方はこちらの記事も参考までにご覧ください

チャンス目編

状態編

AT中の状態編

以上、カチカチ太郎でした。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。