今更聞けないスロットの基礎知識・・・Aタイプ、AT機、ART機とは

今更聞けないスロットの基礎知識・・・Aタイプ、AT機、ART機とは

みなさんこんばんは

 

カチカチ太郎です

 

本日はバジリスクの豆知識ではなく

 

ちょっとした基礎知識について説明します

 

みなさんもスロットをしていたら一度は聞いたことがあると思います

 

Aタイプ、AT機、ART機という言葉・・・

 

これっていったい何か?考えたことありますか?

 

本日はこの各機種の特徴について書いていきます

まずは、Aタイプについてです

 

Aタイプ・・・ノーマルタイプともいいます

 

簡単にいいますとボーナスのみで出玉を増やしていくタイプのものです

代表的な機種といえばジャグラーですね。他にもハナハナやパルサーなどのこのAタイプに含まれます

 

次に、ART機について記載します

A(アシスト)R(リプレイ)T(タイプ)の省略です

 

イメージとしては、通常時とは異なり、リプレイの確立が高確率になり、ベルの押し順をアシストしてくれる時間だと考えてください。

 

続きましては、AT機です

ARTの(R)がなくなり

AT・・・アシストタイムの略になります

一見リプレイがなくなると出玉が減るのではないかと思われがちですが、このAT機の特徴は、リプレイの確立は変化しないが、通常時の内部的に押し順をあてるとそろうはずのベルの押し順をアシストしてくれるシステムです。

このAT機は原則として通常時は第一リールから停止させることを余儀なくされ、変則押しにより、押し順ベルを獲得してしまうとペナルティーが発生します。

その分、ATに突入するとベルがどんどん揃うため、短時間で多くの出玉が獲得できる台が多いです。

 

以上、スロット機のAタイプ、ART機、AT機の特徴について軽く説明させていただきました。

実際、知ってても特になることはないですが、基礎知識として頭に入れておいたほうが良いと思ったので、参考までに・・・

 

かちかち太郎でした。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。