今更聞けない・・・押忍!番長3 ベルの基本

今更聞けない・・・押忍!番長3 ベルの基本

みなさんお久しぶりです。カチカチ太郎です。

現在サイト移行を行っているため、投稿が滞っていました。

本日は、現在バジリスク絆よりも主流となりつつある機種

押忍!番長3のベルの基本について記載していきたいと思います。

カチカチ太郎 番長3

知っているという方もたくさんいらっしゃると思いますが、内容はより深めていくつもりなのでお付き合いいただけると嬉しいです。

では、実際に記載していきます

番長3がベルシステムを搭載しているのは基本中の基本ですよね。

ベルシステムというのは、ベル成立ごとに右側にある対決(ベル)カウンターが一つ増加し、規定回数に到達すると対決に発展するシステムです。

この右側にある対決(ベル)カウンターは、ベルの規定回数に到達すると割れてリセットされます。

対決(ベル)カウンターの天井は64で、到達後は必ず対決に移行します。(64回ひいても対決勝利ではないためご理解を・・・)

 

さて、このベルシステムを管理する対決(ベル)カウンターにはさまざまなチャンスアップや示唆を示してくれます。

まず、対決カウンターの色は基本的に黄色です。ART中はこの色が紫になったり、緑になったりします。

緑に変化した場合は32回以内の対決発展が濃厚

紫に変化した場合は7回以内の対決発展が濃厚となっています。

まれにある、赤色変化時は対決連チャン否定までまわしてからやめることを覚えててください。

他にも、リール枠の光が基本より大きいときや液晶右上から稲妻が落ちてきたときは対決の可能性があるかもという示唆を示しています。

次に、対決カウンターの回数で発展期待度が高い回数について記載します。

天国的な回数に位置する・・・

ベル1~7回

全モード共通で対決期待度が高いベル回数は・・・

ベル15~17回

ベル30~32回

ベル56~64回

通常Aと通常Bの対決発展期待度が高いベル回数・・・

ベル45~47回

これらのベル回数では、対決期待度が高いため、積極的に狙っていくとよいでしょう。

しかし、個人的な見解ですが各ゾーン2から3回前あたりを目安に狙っていかないと負ける確率が高いような気がします。対決に自信がある方に関してはそれ以上離れていても狙っていも構わないと思います。

以上、本日は番長3の基本中の基本であるベルシステムについて軽く説明しました。実際はもっとたくさん記載したかったのですが、量が多くなればなるほどわかりずらくなるため、少しずつ記載していくことに決めました。

カチカチ太郎 番長3 次回予告

本日はベルシステムと対決カウンターの色、対決に発展しやすいゾーンについて記載しましたが、次はゾーンについて記載していきたいと思っていますので是非ご閲覧ください。

以上、カチカチ太郎でした。

ご閲覧ありがとうございました。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。