まだまだ使える北斗の拳 転生の章 モード判別

まだまだ使える北斗の拳 転生の章 モード判別

みなさんこんにちは、カチカチ太郎です。

昨日マイホをうろうろしていたら、北斗の拳 転生の章の500あべしほどで捨ててある台を発見しました。

北斗の拳 転生の章がでてからかなり経ちますが、いまだにこんな大切なゾーンで捨ててある台があるなんて…と思い今回の記事を書くことを決めました。

北斗の拳のモードについて

詳しくはいろんなサイトで解析がでているため、ざっと紹介していきます。

簡単にいいますと重要なのは天井あべし数が変わってきます。

モードはモードA(通常A)、モードB(通常B)、天国(天国A)、超天国(天国B)の4つ存在します。

それぞれの天井あべし数は以下に記載します。

モード  天井あべし数
モードA  1536あべし
モードB  896あべし
天国  128あべし
超天国  32あべし

参考までに

天井期待値
あべし数  期待値
500あべし +997円
600あべし +1335円
700あべし +2543円
800あべし +3243円
900あべし +3262円

天破の刻経由の場合は伝承の可能性があるため30ほど回し、天破の刻非経由時は即やめ

北斗の拳 転生の章 モード判別

モードにより天井あべしが変わるのは先ほどのモードごとの天井あべし数でわかりましたよね。

そのモードを判別する方法を今回は記載します(今更ですが・・・)

546あべし~576あべし(通称555ゾーン)狙いです。

このゾーンで何がわかるかというと、モードA(通常A)とモードB(通常B)の判別が可能です。

この555ゾーンで前兆が発生したらモードA(通常A)濃厚

555ゾーンで前兆が発生しなかったらモードB(通常B)濃厚ということになります

しかし、この前兆演出は、見抜くのが少し難しいです。

天命の刻にいけば、前兆濃厚とすぐわかりますが、前兆は他にもたくさん存在します。

少しだけ参考までに載せときます

無小役でガルダステージ移行

ケンシロウのあたぁ+画面割れ

第3停止にて演出

バトルへ移行

などたくさんあります。

そのため、ん?前兆かもな?すこしでも怪しいと思ったら前兆とおもってください。

他にも…天破の刻により、この555ゾーン前後までもっていかれて判別がつかない場合など北斗の拳 転生あるあるが存在しますので気を付けてください。

しかし、500あべし前後で落ちている台をみつけて
これをするだけで555ゾーンから892モード天井を狙い撃ちできると思うとおいしいですよね。

あと、まれに555ゾーンで前兆が発生してモードAの場合も存在しますので100%ではないということをとどめていてください。(0.5%程度みたいです)

これによりモード判別をできることにより、モードA(通常A)、モードB(通常B)を判別できるようになり、1500あべしくらいまでもっていかれて大火傷をすることを避けることができるようになると思います。

以上、今更感はかなりありますが、まだまだホールで大活躍中の北斗の拳 転生の章なので使えると思います。ちなみに、昨日拾った台はモードB(通常B)でしたが、単発でマイナスとなりました。

カチカチ太郎でした。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。