パチンコ・パチスロ店の全面禁煙化について

パチンコ・パチスロ店の全面禁煙化について

こんばんは、カチカチ太郎です。本日は、最近、動画やネットニュースで言われているパチンコ・パチスロ店での禁煙化について記載していきます。私は、タバコは吸わないのであまり気にはなりませんが、吸う人にとっては非常に重要な問題ですね。

パチンコ、パチスロ店の禁煙に関する法律

そもそもパチンコ、パチスロ店の禁煙について言われるようになったのは、2018年3月9日に健康増進法の一部改正する法律案(健康増進法改正案)が閣議決定されたせいです。

この法案は、パチンコ、パチスロ店を含む飲食店、ホテル等の施設を原則屋内禁煙とするものです。喫煙専用室を設けるのは可能とします。(喫煙室での飲食はNG室外への煙の流出防止措置が必要)

中小企業・個人が営業する飲食店(資本金又は出資金の総額が5000万円以下)かつ客室面積100㎡以下の天日に関しては標識を提示することにより喫煙可能です。

禁煙化になる日

健康増進法改正法案の施行期日は2020年4月1日で対象施設はそれまでに喫煙ルームの作成や喫煙者への対応を行う必要性があるそうです。

禁煙を違反した場合の罰則

禁止場所での喫煙したものは→30万円以下の罰金

喫煙を見過ごす施設の管理者→50万円以下の罰金(禁止場所での喫煙者の見過ごし、紛らわしい標識・表示禁止場所に喫煙設備の設置)

以上、パチンコ、パチスロ店の禁煙化について記載してきました。これにより、非喫煙者にとっては、快適な環境で遊戯を楽しめるメリットがあります。しかし、喫煙者がパチスロ、パチンコ店に行く頻度が減ったり、いかなくなる可能性があります。これにより、パチスロ、パチンコ店の利益が減る可能性がありますね。そのため、釘が悪くなったり、高設定が入らなくなったりする可能性もあります。そう考えると、タバコを吸う人も吸わない人にとっても、重要な問題だと思いました。

カチカチ太郎でした。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。