機械割について

機械割について

こんばんは。カチカチ太郎です。久しぶりなので皆さんに忘れられてないないか心配です。最近スロットに行けてなかったので、投稿できていませんでした。

本日は初歩的なことなんですが、久しぶりに機械割について見直す機会があったので記載します。よくスロマガや必勝本の各機種の説明の中に必ずしもあるといっていいのが機械割です。以前、友達と話しているときに機械割119%の場合10000入れたときには、11900円でてくるんだよね?って質問してきた人がいます…うん…間違ってないような…間違ってる…?

機械割とは,台を終日回して排出された総枚数÷ゲーム数×3×100の計算式で算出されるいわゆる出玉率のことです。排出された総枚数は台を見て算出するのは勝っている時は可能ですが、負けている時はめんどくさいですので機械割自体を算出するのも、めんどくさいです。

なので、機械割は設定を推測したのちに台の期待枚数を予測するのにつかう程度です。また、ホール内で全台設定6の島などがある場合は機械割が高い台を狙ったりします。これを参考にすると終日一台をぶん回したときの期待収支が予想できます。

例えばバジリスク絆の設定6を10000回転回したとしたら計算的には機械割が119%のため

10000回転×1.19(機械割)×3(Bet数)[一日中回して期待できる枚数]-10000回転×3(Bet数)[一日中回して使用する枚数]=5700枚のプラス収支が期待できることになります。しかし、機械割は平均値に過ぎないので上振れと下振れがあります。回せば回すほど機械割に近づくと考えてないと、機械割以下の時にショックがでかくなります…ここで、バジリスク絆の各設定を10000回転回した時の各設定における期待枚数を参考に乗せときます。

設定機械割期待枚数
197%-900枚
298%-600枚
3102%+600枚
4106%+1800枚
5112%+3600枚
6119%+5700枚

バジリスク絆に関わらず機械割から算出できる期待枚数は一緒なので100%を超える台は積極的に狙っていくとよいでしょう。しかし、先ほども記載しましたが、あくまで期待枚数であるため、必ずしもその通りには行きません。上振れ、下振れは当然あるため、ご考慮ください。

以上、カチカチ太郎でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。